Admin01

会計コラム

電子帳簿保存制度とは?日本での今後の方向性を整理

タイではタックス・インボイスの電子化制度が2018年度より施行されています。日本でも税務関係の業務や経理に必要な帳簿や書類などの保存を、電子データで行うこと認める法律が今年1月に新たに改正されています。国際的な潮流でもある電子化対応について、日本の制度の概略と今後の方向性を整理しました。
会計コラム

タイ個人情報保護法(PDPA)の対応はお済みですか?ポイントを解説

タイ個人情報保護法(PDPA)とは、タイでは初めてとなる個人情報の取り扱いについて定めた法律です。違反時の罰則規定を含む法律の完全施行は2022年6月1日の予定です。
会計コラム

いまさら聞けないDXとは?【連載 第5回】

DXを推進する上でどのような障害があってどのように乗り越えたらいいのか。「今さら聞けないDXとは?」というテーマで五回にわたって連載をしてきましたが、今回が最終回です。皆様の会社のDX推進のヒントになれば幸いです。
会計コラム

いまさら聞けないDXとは?【連載 第4回】

「デジタルトランスフォーメーション」とはいったい何なのか?全5回のコラム形式で、ビジネスパーソンとして押さえておきたい「DX」の概要をまとめます。 連載第4回目は、DXへの取り組みが出来ていない企業にとって、具体的に何から取り組んだらいいのか解説します。
会計コラム

タイのショッピング減税が実施!【2022年度版】

タイのショッピング減税が実施!【2022年度版】 あけましておめでとうございます。当サイト管理人の塚本です。今年もタイで働くうえで役立つような会計・ITに関する情報を当サイトやウェビナーを通して発信してい...
会計コラム

いまさら聞けないDXとは?【連載 第3回】

「デジタルトランスフォーメーション」とはいったい何なのか?連載3回目は、貴社は今、DX化のどこの段階にいるのかについて、解説します。
会計コラム

いまさら聞けないDXとは?【連載 第2回】

「デジタルトランスフォーメーション」とはいったい何なのか?連載2回目は、DXという言葉の意味を掘り下げて考えてみます。
会計コラム

いまさら聞けないDXとは?【連載 第1回】

「デジタルトランスフォーメーション」とはいったい何なのか?ビジネスパーソンとして押さえておきたいDXの概要をまとめます。
YouTube

タイの書類のサインは、どこまで電子化できる? デジタル署名の新制度 e-Tax Invoice のメリット・デメリットは?

日本のハンコ文化と違って、タイは書類にサインが必要です。見積書、発注書、請求書、領収書、その他の管理書類など、サインが必要な書類は多岐に渡ります。では、こうしたサインを電子署名で行えるように管理を見直す場合、どこまで電子化は認められるのか?
YouTube

【東京・大阪で開催】業務管理システム導入失敗!?タイでの在庫管理システム導入、効果出てますか?セミナー開催のお知らせ

今回は、セミナー開催のお知らせです。近年、タイなどへのグローバル展開をされる企業が多くなっております。この度、タイ国、その他海外へグローバルに事業展開されている企業様向けに業務管理システムをご紹介するセミナーを、東京・大阪で開催いたします。
タイトルとURLをコピーしました