タイの書類のサインは、どこまで電子化できる? デジタル署名の新制度 e-Tax Invoice のメリット・デメリットは?

【タイ会計サービス比較ドットコム】タイの会計情報を紹介するYouTubeチャンネル – タイの書類のサインは、どこまで電子化できる? デジタル署名の新制度 e-Tax Invoice のメリット・デメリットは?

タイの書類のサインは、どこまで電子化できる? デジタル署名の新制度 e-Tax Invoice のメリット・デメリットは?

タイで働き始めた方たちへ向けて、知っておいたほうが為になるようなタイの会計やITに関する情報を発信していきます。

今回のテーマは、『タイの書類のサインは、どこまで電子化できる?』です。

日本のハンコ文化と違って、タイは書類にサインが必要です。

見積書、発注書、請求書、領収書、その他の管理書類など、サインが必要な書類は多岐に渡り、毎月、多くの書類を手書きでサインされている方、多いのではないでしょうか?

では、こうしたサインを電子署名で行えるように管理を見直す場合、どの書類は電子署名が認められて、どの書類はNGなのでしょうか?

また、タイのデジタル署名の新制度 『e-Tax Invoice』 について、そのメリットとデメリットは何か?についても話していきます。

ーーーー

協力:
深澤 チトラートン
ラムチップ・パートナーズ
https://lamtip-thai.com/

ーーーー

塚本 裕司

ACTY SYSTEM (THAILAND) CO.,LTD. MANAGING DIRECTOR
明治大学卒。富士ソフト株式会社に入社し、SE・プログラマーとしてソフトウェア開発に従事。29歳でタイ・バンコクへ渡り、タイの日系製造業、商社・卸業向けに業務管理システムを開発・導入。在タイ10年。

タイトルとURLをコピーしました