本業への集中にはタイの会計サービス利用が必須!

サイトタイトル

会計サービスを事務所やソフト等の詳細から徹底比較。
基本情報から専門家にしか聞けない情報まで細かく提供。
タイで会計サービスを比較するならこのサイト!

お問い合わせはこちら

SAGE 300 ERP (ACCPAC)とは


​タイ国内で2,300社以上の導入実績を誇る、東南アジアの中堅~大企業でシェアNo.1の会計システム、SAGE 300 ERP (ACCPAC)。
タイの会計・税法に完全に準拠していることはもちろん、東南アジア各国にローカライズされているため、日系企業でも広く利用されている会計システムの一つです。

Sage 300 ERP (ACCPAC)は、イギリス SAGE社のパッケージシステムです。
タイ国では中堅企業向けとしてシェアNo.1のERPとして、多くの企業で利用されています。1987年の誕生以来30年の歴史があり、タイ国だけで約2,300社で導入されています。

そのため、Sage 300 ERP (ACCPAC)を使ったことのある経理人材をリクルートすることが比較的容易です。

タイ国は失業率が世界で2番目に低く、人材の流動性のとても高い社会。
そのため、急に経理の担当者が辞めてしまうなどのリスクがあります。

そうした急な事態が起こったとき、認知度が高く、圧倒的シェアのある Sage 300 ERP (ACCPAC)であれば、経験者採用をご検討頂くことができます。

また、段階的な導入に対応しており、モジュール単位での導入が可能です。
ご予算や会社の成長に合わせて、段階的に導入を進めることができます。

特に会計システムとして導入される事例が多く、AP・AR(債権債務)、GL(一般会計)、FIX ASSET(固定資産)の会計・経理業務にフォーカスしたモジュールのみを導入することが可能です。


SAGE 300 ERP (ACCPAC)の機能


・財務諸表、売掛管理、買掛管理、固定資産管理に対応
・多通貨、多言語対応
・IFRS(国際財務報告基準)、タイローカル税法に対応
・生産管理システムとのシームレスな連携対応

※タイ国では、インボイス/TAXインボイス、源泉徴収税レポート(WHT)、VATレポート等、タイ国の商慣習に合わせたシステムのローカライズ化が必要となります。


SAGE 300 ERP ACCPAC会計