タイ会計ソフトmultibookについて

サイトタイトル

会計サービスを事務所やソフト等の詳細から徹底比較。
基本情報から専門家にしか聞けない情報まで細かく提供。
タイで会計サービスを比較するならこのサイト!

お問い合わせはこちら

multibookの特徴


各国の言語・通貨・会計基準に対応。

multibookの対応言語は日本語・英語・タイ語・韓国語・ベトナム語となります。
各国通貨での伝票計上、各国会計基準での調整仕訳入力や財務諸表出力が可能です。
現地法人の担当者は現地の言語、日本本社では日本語で、グローバルで使用できる安価な業務ソフトが欲しい、といったご要望にお応えします。


クラウド型ERPソフトなので使う場所を選ばない。

インターネット環境さえあれば、どこでも利用可能なのがクラウド型ソフトの特徴です。
日本本社から現地法人の状況をリアルタイムに把握でき、IT要員を現法に置く必要がありません。


低価格でかんたん導入

一般的にERPソフトに対してコストがかさむ印象があるかと思われます。
multibookの導入コストは
月額利用料3万円~(ユーザー数、伝票数に応じた価格設定)
と小規模拠点でも導入が可能な価格帯です。
※詳細は要お問い合わせ


グループでのシステム統一による利便性向上(グループ第2標準システム)

他の大規模拠点用ERPソフトと親和性が高く、中小拠点用のグループ第2標準システムとしてマルチブックを利用する事が可能です。



multibookが持つ機能例


各国のローカル要件(税や商習慣など)に対応しています。
multibookの対応国はフィリピン・タイ・シンガポール・香港等となっています。(順次対応国を追加予定)


(1) 会計機能 

総勘定元帳、債権管理、債務管理、予算管理、国要件機能を搭載しています。
タイ国要件(源泉徴収税レポートPND53,3、付加価値税レポートPP30、Invoice/Official Receipt)、債権・債務の明細消込管理、権限管理による機能制限等、本格的な会計機能を搭載しています。


(2) ロジスティクス機能

購買発注、入出庫、在庫管理(都度移動平均による受払金額計算)、受注、請求、国要件機能を搭載しています。タイ国要件については、Stock Card、タイInvoice、Branch ID等に対応しています。
ロジスティクス機能と会計機能はリアルタイムで自動仕訳連携しています。


(3) 経営管理支援機能

グループ全社の財務諸表を横並びで比較表示する機能を搭載しています(他のERPや会計システムを使用している拠点も、財務諸表レベルの金額をmultibookに取り込むことにより、比較可能となります)。また、財務諸表から伝票明細へのドリルダウン機能、財務諸表上の各金額の補足説明記入・添付機能を搭載しています。


multibookのサポート体制



(1) 機能拡充

現在、会計機能とロジスティックス機能がリリースされていますが、それぞれ更なる機能拡充を図る予定です(随時機能拡充状況をお知らせ致します)。
新機能をご利用頂いても、ユーザー数・伝票数に変更が無い限り、原則、月額利用料は変わりません。


(2) 日・英での無料サポート

メールを通じて日本語・英語にて無料サポート致します。


(3) 他社ERPへの移行

他社ERP・multibook両方のノウハウを持つコンサルタントによる対応が可能です。
拠点拡大などにより他社ERPへシステム移行する場合など、短期間・低コストで移行支援が可能です。


(4) セキュリティ

・暗号化通信
SSL(Secure Sockets Layer)を用いた暗号化通信によりサーバへ接続します。

・データベース暗号化
データベースについても暗号化された状態で保存します。

・不正アクセス対策
外部からの不正アクセス、不正侵入はファイアウォールによりブロックします。

・レプリケーション
万が一の障害発生時にデータ保護・早期復旧を行うため、データ更新の度にリアルタイムで別サーバーへデータを複製します。


multibookのお問合せはこちら