コラム一覧紹介。タイ国の会計専門家に寄稿いただいたコラム掲載。

サイトタイトル

会計サービスを事務所やソフト等の詳細から徹底比較。
基本情報から専門家にしか聞けない情報まで細かく提供。
タイで会計サービスを比較するならこのサイト!

お問い合わせはこちら

タイ会計コラム一覧


タイで会計の専門家がコラムを掲載。
タイの会計事情で知りたいことやご希望のトピックがあればお問い合わせください。

タイ国内で事業を行う場合、必ずと言ってもよいほど発生する源泉所得税が関わる取引。このコラムでは、源泉所得税とはそもそも何かという基本的な情報の解説から、源泉徴収が必要な主な取引の具体例までをご紹介。また、主な取引の税率についてもまとめて解説しています。
2016年8月30日付け日系新聞にも紹介されたBOI法人の損益通算に関する追徴課税に関する問題を解説。優遇税制が受けられる投資奨励事業で生じた損益と優遇税制が適用されない非奨励事業の損益の相殺について、BOIと国税当局の解釈の違いにより発生した問題について説明しています。
タイ国で事業を行う際に、ローカルの会計事務所に依頼するのか、日系の会計事務所に依頼するかは誰しも一度は検討したことがあるのではないでしょうか?タイ在住の会計専門家がタイと日系の会計事務所について徹底比較。それぞれのメリットとデメリットについて解説します。
勘定項目とは何かという基本的な疑問から、タイと日本との違いまで勘定項目について解説していただきました。コラムの下部では、タイの主な勘定科目を英語/タイ語/日本語を併記して列挙しています。タイ国における会計、勘定項目について疑問をお持ちの方は参考にしてみてください。
タイ国で事業を行う際に、BOIを取得される企業様も多いかと思われます。そんなBOIを取得する上で発生する、会計報告の必要性や税務上の留意点をはじめ、そもそもBOIとは?という方のために概要についても解説させていただきます。
会計ソフト「Bridge Note」の導入によってお客様にどのような変化が起こったかを実際にあった事例を用いてお伝えしていきます。
会計業界を取り巻く時代のうねりは大きなものであり、大手監査法人においても今後AIやロボットの開発を行っていく時代となりました。そんな時代ならではの会計事務所の選び方をタイの会計事情と共にお伝えします。
タイ会計コラム一覧 タイにおいて製造業が利益を出すために取り組むべき課題の抽出方法について。3年で駐在員が入れ替わる、かつ、ジョブホッピングが盛んな海外子会社において、とても便利なアイテムとなる3点セットについても説明しています。
タイ会計コラム一覧 国外関連者に対する寄附金課税についてのコラムです。日本のケースですが、税務調査の際の理論構築を、国際税務の考え方が身につく少し面白い事例も交えてご紹介。タイ国における会計、寄附金についてのお悩みをお抱えの方はご参考ください。
タイ会計コラム一覧 ある時、クライアントに「月次訪問の際に行ってもらいたいことって何ですか?」とアンケートを取ったことがあるのですが、一番多かった答えは何だと思いますか? 今日は、その時から考えている会計事務所の顧問業務の在り方についてお話できればと思っています。
タイ会計コラム一覧 企業のフェーズについてのコラムです。会社の創業期においては「数字を正確に作ること」を求め、成長期には「数字の内製化」を求め、成熟期には「業務改善・収益拡大」を求め、第2次成長期へと変遷していきます。そんなフェーズについて、多用性が求められるようになったため、広く取り入れられるようになったPPMというコンサル手法を参考に解説。今後突入するであろうビジネスのミニマム化、価格の低下などの時代が来たとしてもしっかりと利益がでる体制について説明しています。
タイ会計コラム一覧 国外関連者に対する寄附金課税についてのコラムです。税務調査の際の理論構築を、国際税務の考え方が身につく少し面白い事例も交えてご紹介。前々コラムのタイ視点Ver.です。


画像:タイ会計サービス比較.com

お問合せをする