本業への集中にはタイの会計サービス利用が必須!

サイトタイトル

会計サービスを事務所やソフト等の詳細から徹底比較。
基本情報から専門家にしか聞けない情報まで細かく提供。
タイで会計サービスを比較するならこのサイト!

お問い合わせはこちら

今回のコラム執筆者紹介


コラム執筆者 Bridge Note(Thailand)Co.,Ltd. 片瀬さん
Bridge Note(Thailand)Co.,Ltd.
President Yohei Katase
【プロフィール】
日本の大手税理士法人にてそのキャリアをスタートさせる。日本国内の税務業務を経験した後、その活動のフィールドを海外に移す。アセアン各国の税務及び日本の国際税務を専門とし、国際税務関連の書籍の執筆も多数行っている。2012年からは、現地でのコンサル会社の立上げのために単身でメキシコに渡り、日系企業(自動車関連)の進出から進出後の会計税務、人事労務までをワンストップでサポート。メキシコから帰国後は、アセアン各国を自身のフィールドとし、2016年7月からタイのバンコクにてBridge Note(Thailand)Co.,Ltdの代表者として活動中。
皆さん初めまして片瀬と申します。
今回で2回目のコラムとなりますが、前回はご挨拶ができませんでしたので、改めてよろしくお願いします。

今日は、会計ソフトBridge Noteの導入によってお客様にどのような変化が起こったかを実際にあった事例を用いてお伝えできればと思っています。


タイの会計ソフトBridge Note導入による変化と背景



タイへ進出し数年が経ち、ようやく利益も出てきたこのタイミングで経理の内製化を考えている、とあるお客様がいました。


今までは現金出納帳と預金出納帳をエクセルで作成し、それをその他の証憑と共に会計事務所で記帳するという、いわゆる記帳代行業務を会計事務所に頼んでいました。

その金額月額で30,000バーツ

もちろんお客様もその金額は高いなぁと感じていたようですが、次の理由から内製化に踏み出せないでいました。



内製化に踏み出せなかった3つの理由


会計ソフト導入事例

【理由その1】
経理の内製化をするためには自社にて会計システムを導入し、100%自社のリソースを使って数字を作らなければなりません。

ただし、今まで全てを会計事務所に頼っていた(自社内で作成していたのは、エクセルの現金出納業・預金出納帳だけの)ために、いきなり100%を自社で行うことは非常にハードルが高く内製化できなかった時のリスクを受け入れることはできませんでした。


【理由その2】
月次決算の親会社への報告期限が毎月15日。

会計事務所に頼んでもギリギリなのに、自社のリソースで記帳を行っていてはおそらく親会社への報告期限に間に合わないであろうと考え(自社の現在のスタッフは入出金の管理しかしておらず、簿記の知識に乏しいため)、内製化に踏み出すことができませんでした。


【理由その3】
日本人の現地社長は、営業畑であったために正直経理のことは良くわかっておらず、内製化への道筋がイメージできない状況でした。


そんなお客様がBridge Note の利用により内製化への一歩を踏み出したのは次の理由からです。


「BrigdeNote」で内製化することを決めた4つのポイント


会計ソフト導入事例

段階的な内製化が可能
一般的なタイ人ローカルスタッフの会計レベルはそこまで高くありませんので、お客様が自社のリソースだけで内製化が不安なのは仕方がありません。

大切なことは自社のリソースで何ができるかを明確に見極めることです。

このお客様において、今現在で100%対応できるものは現金出納帳と預金出納帳の作成だけでした。

それならば、まずは現金出納帳及び預金出納帳の内製化から始めてみれば良いのです
もちろんエクセルで作っていることは内製化とは呼べません。

Bridge Noteでは、今まで通りに現金出納帳と預金出納帳を作成するという感覚で金額を入力すれば、システムの内部において仕訳が勝手に切られます。
つまり貴社内で、今までと全く同じこと(お小遣い帳をつける感覚で現金出納帳と預金出納帳を作成)をしているだけで、月のオペレーションの50%超の仕訳が既に入力されているのです。

これで、現金預金が絡む取引についての仕訳入力は達成できました。

次は現金・預金を介さない月次取引。
その次に、決算整理へと段階的に内製化することが可能なのです。

月次決算の早期化が可能

Bridge Noteの導入によって、まず会計事務所との月初のコミュニケーションがそこまで必要ではなくなります。

もともと会計事務所の入力担当者はタイ人であり、貴社のビジネスをあまり知りません。
そのために入力間違いも多くあり、月初のコミュニケーションに時間を要していました。

現金出納帳と預金出納帳を貴社のスタッフが入力するようになってから、間違いも少なくなり入力のスピードがかなり上がったように感じることと思います。

営業畑であるため経理のことは良くわからずに、「会計事務所のスタッフは専門家である」という認識が強い方が多くいますが、
貴社のビジネスについては貴社のスタッフの方がまず間違いなく専門家ですので、会計事務所に確認することもなくなるでしょう。
(今までは会計事務所から同じような質問が何回もきていませんでしたか?)

次に親会社との月次決算のコミュニケーションが早くなることでしょう。

今までは、会計事務所が月次の数字を作るまで親会社は数字の確認ができませんでしたが、Bridge Noteの導入により、月中の担当者の入力の都度、親会社は日本語で確認することができるようになります。

不明な点は月末ではなく月中に片づけてしまうようになるでしょう。

おそらくは、月次決算に時間が掛かっていたのはコミュニケーションの部分と気が付かされることかと思います。
(これを皆様は自社のローカル社員の実力不足と認識してしまっていることが多いです)

月中に疑問点を解消するために、会計事務所及び親会社とのコミュニケーションも円滑になり、月次決算の早期化が達成されます。

記帳代行フィーの削減が可能

内製化を段階的に達成すると会計事務所に支払っている記帳代行業務のフィーの交渉ができるようになります。

会計事務所は、記帳代行業務にかかる工数によってそのフィーを算出していると思いますが、工数が少なくなったのであればその分価格の交渉も可能になります。

貴社においても50%超の仕訳入力を自社で行うのであれば、もちろん会計事務所とのフィーの交渉が可能になるでしょう。

親会社において入力が可能

これがBridge Note を利用する一番大きな理由になるのかと思います。
やはり現地の駐在の皆様は、内製化が上手く行かず数字がぐちゃぐちゃになってしまうことを最も危惧しています。

親会社の経理チームは能力が高く、数字の修正が可能だったとしても、数字がしっかりと作られているかが分かるまでに1カ月かかってしまっては、やはり少し難しいことでしょう。

Bridge Noteでは言語対応可およびクラウドなので、毎日の入力状況を日本語で確認することが可能
反対に日本語で入力したものがタイ語の決算データになるのです。つまり、困ったら証憑をPDFにスキャンして日本で入力してしまえば良いのです。

正直、日本ですべて入力している会社もあります。
特に進出間もない会社は日本で数字を作った方が有利ですらあります。

記帳代行業務に30,000バーツ支払うのと、日本の経理で入力してしまうのと、どちらが良いか考えてもらえれば答えは1つですね。

内製化は難しいことではありませんし、この例に出したお客様も(社内のリソースは変えずに)スムーズに内製化に移行することができています。

日本においては会計ソフトの恐ろしいまでの発達により、15年ほど前から税理士の記帳代行業務はなくなりました。

タイにおいても同じ現象が起こることは間違いがなく、あとはどのタイミングでそれが起こるのかだけかと思います。


タイでの会計内製化に最適なソフトは?


会計ソフト導入事例



タイ、インドネシアをはじめとしてASEANで展開している会計ソフトBridge Noteでは、事業・部門の区分設定ができ、事業別の損益計算書作成ができるため、BOI企業での決算書作成にも適しています。

Bridge Noteは、経理業務を社内で行えることを目的に開発された会計ソフトであるため、会計知識の少ないスタッフでも入力が簡単にできる入力画面となっています。

また、日本語・英語・タイ語に対応しているため、タイのスタッフがタイ語で入力し、日本人駐在員や日本の経理担当者が日本語で直接決算書の確認ができるため、疑問点が確認しやすい、経理処理のブラックボックス化が避けられる、などの利点もあります。

Bridge Noteの詳細はこちら