本業への集中にはタイの会計サービス利用が必須!

サイトタイトル

会計サービスを事務所やソフト等の詳細から徹底比較。
基本情報から専門家にしか聞けない情報まで細かく提供。
タイで会計サービスを比較するならこのサイト!

お問い合わせはこちら

タイ会計基本概要一覧


タイの会計制度はかつて米国の基準であるGAAPUSに準じておりました。しかし、アジア通貨危機後、国際会計基準(IFRS)に準拠したタイ会計基準(TAS)が採用されたことにより制度は変わり、現在はタイ国内の全ての法人はTFRSにより財務諸表を作成されることが求められています。
タイにおける法人事業年度は12か月間とされており、決算月については定款により各社自由に設定することが可能です。日系企業では、日本本社と決算の時期を合わせるためにタイ国内においても決算月を3月末に定める企業もあります。
タイには職業会計人として働く際に大きく分けて2種類の資格があります。2000年会計法において原則全ての法人は、公認会計士の監査を受け財務諸表を政府機関に提出することが求められています。 また、同法によって各企業はCPDの選任を義務付けられています。
このページでは、タイの会計税務について解説していきます。まず、租税制度について説明し大まかな概要を理解していただいた上で、その後に、法人、個人、VATのそれぞれのケースでの税率について解説していきたいと思います。
タイにおける全ての法人は原則公認会計士による法定監査が義務とされています。上場企業においては、決算日から3ヶ月以内に公認会計士による監査済財務諸表を証券取引所へ提出しなければなりません。 また、監査人は、定時株主総会において、財務諸表及び会計記録に関して報告しなければならないと定められています。
タイの会計制度は会社法(民商法典:Civil and Commercial Code)に会計に関する根拠条文を設置し、 その特別法である会計法にて詳細を規定しています。(Accounting Act)タイ国内の全ての会社は、民商法典、歳入法典、会計法に従って財務諸表を作成しなければなりません。
海外駐在が始まってまずぶつかる壁の一つに、経理・会計用語の英語、タイ語への対応が挙げられます。会計ソフトの表記や、経理用エクセル、タイ人社員との意思疎通にこちらの一覧表を活用してください。


タイ会計基本概要一覧まとめ

タイ会計基本概要一覧まとめ

タイ会計基本概要一覧まとめ